さよなら~ ピアノさん | こたちゃん、こもちゃん日記…虹の橋から

ホーム > スポンサー広告 > スポンサーサイトその他 > さよなら~ ピアノさん

 | 全記事一覧 | 

zeningakubuchi2.jpg 画像編集 by fukumama

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら~ ピアノさん



ねぇねんの 国家試験も終わり、もうすぐ巣立ちだねぇ・・・・

ねぇねんの一人暮らしを始めた機に うちも 大がかりな模様替えをしようと ず~っと考えていたママ。

その 手始めに ママが小さい時に 買ってもらった ピアノを 引き取ってもらうことにした。

そりゃ~ どんだけ 昔~ってほどの年代もの。

にぃにもねぇねも 使ったけれど ここ数年 物置状態になっていた かわいそうなピアノ

第二の人生を送るために 我が家を去った・・・



IMG_9382.jpg


子供だったママが ピアノを弾きはじめると ピアノの上で気持ちよさそうに寝ていた マルチーズのアイちゃん。

ピアノの音と一緒に歌いだしたクッキーちゃん。

ピアノのの椅子の足をかじった子もいたし 足をあげた子も・・・ いろんな思い出があるピアノさん。



IMG_9383.jpg



今までありがとう・・・



IMG_9385.jpg


行っちゃいましたね~

ママは なんとなくガランとしたお部屋に 折り紙で作った お雛様をかざったよ。


IMG_9386.jpg




今年は 本物のお雛様出してあげられなくてごめんね。

これから ねぇねんのお引越しの ばたばたが 始まるんだね


でも ねぇねんが見当たらないよ


え~  また 遊びに行っちゃったの~?








こたに会いに来てくれたありがとう\(^o^)/  ぽちっとしてくれたらうれしいな。   また来てね。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
よかったらコメントも

スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント

うちのピアノもほとんど飾り棚状態。
ニィニもネェネもピアノ習ってたけれど
音量が調節できないので、二人とも電子ピアノでばかり練習していました。
それでもピアノってなかなか処分できないものです。
ピアノに限らず、家具などもいろんな思い出が詰まってますよね。

2012/02/22(水) 21:14 | URL | MAXママ&パパ | 編集

ピアノかぁ うちも結婚するときに実家から運び込み 置いてありますが
もっぱらルイ君がきてからは弾くこともなくなっちゃって・・・
調律も最近してないし~((~_~;))
4月からにむけて また練習しなくっちゃ!!と記事を読んであせった私

思い出がつまったものって処分しにくいですよね
でも ピアノさんの第2の人生を祝ってあげなくっちゃね

2012/02/24(金) 00:08 | URL | rui dream | 編集

コメントありがとうございます。

ーMAXママ&パパさんへ
そうですね・・・年を重ねるといろいろものが増えて、古くなって・・・思い出があるからとおいておくと片付かなくて。 この春はいろいろ思い切って整理しようと思っています。 こっちも古くなってきてるんですけどね(笑)

ーrui dreamさんへ
ルイママさんは お仕事柄まだ必要ですね。 うちはもう誰も弾かなくなったし 私が5,6歳の時に買ってもらったものだから ドえらく古い。 潮時でした。

2012/02/24(金) 17:55 | URL | こたママ | 編集

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

プロフィール

虹の橋のこたちゃん

Author:虹の橋のこたちゃん
ぼく こたちゃん
虹の橋から僕の家族を見てるよ

ポップアップ風メールフォーム type-S

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

マウスについてくる犬の足跡

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

 画像 142-1 この部分は、下部フリーエリアです。細かい余白調整は、スタイルシートの編集内の/* 下部フリーエリアの設定 */の下のdiv#free_area_bottomのpaddingで調整してください。

 このスペースが不要な場合は、HTMLの編集内の<下部フリーエリアここから>から、<下部フリーエリアここまで>の部分を削除してください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。