虹の橋から⑥  アーサー | こたちゃん、こもちゃん日記…虹の橋から

ホーム > スポンサー広告 > スポンサーサイト未分類 > 虹の橋から⑥  アーサー

 | 全記事一覧 | 

zeningakubuchi2.jpg 画像編集 by fukumama

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虹の橋から⑥  アーサー



アーサー シベリアンハスキー


体の大きなアーサー。    とっても優しい男の子。

アーサーのおうちはいつも家族が見える窓際。

いつも 窓越しにママと話し、ママのする事を見て、 日向ぼっこをするのが日課だった。

そして、 朝晩のお散歩がアーサーにとって一番好きな時間だった。


 
6歳ぐらいになったころ、アーサーはフィラリアにかかった。    ママは「なぜ?お薬をのんでいるのに・・・」  
でも思い返して   「あっ! 一か月 呑ませるのを 忘れたかも・・・」

ママは自分を責めた。
でも アーサーは病気になってもママのせいにはしない。 ぜったいに。
それでも ママは 悔やんだ。

アーサーは ママのためにフィラリアなんて病気、絶対治ってやる・・・・・ 
がんばって・・・がんばった。
とうとう アーサーは フィラリアに勝った。  完治した。

「ママ 大丈夫だよ。 僕元気になったよ。」
ママとアーサーは喜んでまた大好きなお散歩を楽しんでいた。


でも ある日、 おなかに違和感があった。 でもママには心配をかけたくない。 ママの笑顔を消したくない。
我慢したけどついに     アーサーは倒れた。
あわててママは病院へ・・・・・・    癌だった・・・・
それから 再び ママとアーサーの戦いが始まった。 数回 手術、回復、手術、回復を繰り返し お医者さんも変えて3度目の手術で うまくいった。 これでしばらく大丈夫。 ママもアーサーも ほっとしていたが その時期は長くは続かなかった。  

今度はアーサーは めまいを感じた。 何度自分のためにママを心配させるのか…悲しませるのか…とアーサーは落ち込んだ。  できるだけ いつも通り頑張ったけれど アーサーはまたも倒れた。

今度は 白血病だった。

ママは涙を流した。 なぜ この子ばかり・・・・  こんな目に・・・


アーサーは 自分がもう長く生きられないことが わかっていた。
でも ママの悲しむ姿が目に浮かびやりきれない・・・
アーサーは考えに考え、一つの結論を探し出した。
「ママに 新しい出会いをさせよう・・・・」って。

アーサーは 生まれたばかりのかわいい子犬とママを偶然のように出会わせた。
ここにママの意志はなく 運命的に。 

小っちゃな 小っちゃな ポメラニアン。

ず~っとず~っとママの傍に寄り添える子がいいと アーサーが選んだ子だった。
小っちゃくて かわいい ポメラニアンの女の子が来てくれたのを見届けて、一週間後、ママの笑顔を見ながらアーサーは虹の橋にやって来た。    満足げに。    誇らしげに。

アーサーを失ったママは 大きな悲しみの中にいた。 
でも 何もわからない子犬の世話をしなければいけない。 ご飯の時間もあるし、おしっこやうんちも あちこち。トレーニングをしなければいけないし、目を離すとティッシュを持って走る・・・ ママは大忙し。
虹の橋のアーサーにはママの気が紛れているのがわかった。


その反面、ママは アーサーは新しく来た子をうらやましく思いながら さみしく行ったのではないかと思い悩み始めた。


でも違うんだよ。 アーサーはママの幸せが一番大事。 ママが少しでも自分のいない生活を元気に楽しく過ごしてもらえるように この 小さな子犬に 託したんだ。   この子はアーサーが選んだ子なんだから。

「ママの笑顔が見られたら  僕もまたママの傍に帰れるんだよ。  ママ 愛しているよ。」

って アーサーが笑っているよ。








こたに会いに来てくれたありがとう\(^o^)/  ぽちっとしてくれたらうれしいな。   また来てね。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
よかったらコメントも

スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

プロフィール

虹の橋のこたちゃん

Author:虹の橋のこたちゃん
ぼく こたちゃん
虹の橋から僕の家族を見てるよ

ポップアップ風メールフォーム type-S

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

マウスについてくる犬の足跡

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

 画像 142-1 この部分は、下部フリーエリアです。細かい余白調整は、スタイルシートの編集内の/* 下部フリーエリアの設定 */の下のdiv#free_area_bottomのpaddingで調整してください。

 このスペースが不要な場合は、HTMLの編集内の<下部フリーエリアここから>から、<下部フリーエリアここまで>の部分を削除してください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。