虹の橋から ① | こたちゃん、こもちゃん日記…虹の橋から

ホーム > スポンサー広告 > スポンサーサイト虹の橋から > 虹の橋から ①

 | 全記事一覧 | 

zeningakubuchi2.jpg 画像編集 by fukumama

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虹の橋から ①



僕 こたろう。    知ってるって?

僕の家族は 本当に  たくさんで いろいろ話題に欠かない にぎやかな 大家族さ。

今まで しばらく はるまめとこたまの あかちゃんの 話題が あって 皆様に応援や、励まし、いただけて

ママ共々 僕はとてもうれしかった。


最初の記事から読んでくれてる人は 僕の事を少しわかってくれてると思うけど

最近 見てくれてる人もいるから もう一度僕の事を知ってもらいたいんだ。



僕は2009年 4月12日 虹の橋のたもとにやって来た。

僕がこっちに来てからいろいろな事がわかってきた。 そして それをママに伝えることもできた。

みんなにも知ってもらいたいから 僕はこのブログを始めたんだ。


まずは 僕たちのいる 虹の橋のたもとがどういうところか 聞いてもらおうと思って・・・

僕たちはこの橋のたもとの事を 「虹の橋」って呼んでるんだ。


 
僕のいる虹の橋は

みんなのわかりやすいように言えば 美しい河原。

川上に向かって右前方に 橋がみえる。

その橋は 赤のような金色のような色をしている。 虹色をしているわけじゃないんだ。

いつもその橋のあたりに虹がかかるから、その名前がついたんだって。

とても長い橋で、向こう岸にとどく部分はみえない。

川と言っても水が流れているわけでもなく、雲のような白くてふわふわした流れがあり、氷のような、ガラス玉のような‥太陽の光を浴びるとキラキラ光るものがある。 もしかしてお砂糖かもしれないけれど。

とても美しい流れなんだ。


僕たちは下にいる時は あまり色というのがわからなかったけれど こっちに来ると なんでも鮮やかに見える。

お花だって、においで判別してたけど、今はとても色とりどりできれいに見える。

河原はどこまでもどこまでも続き、なだらかに曲がりくねった芝生の道の両側に、赤や、ピンクや黄色や紫、それに白い花が咲いている。
木には ピンクの花が満開で 風と一緒に花びらが 舞うのが見えてるんだ。

目を閉じていても、風で ふわっといい匂いがする。 

どこかで嗅いだことがあるような・・・・・・・そうだ。 春の匂いかも。


僕たちは 時々雲のベッドで休むんだよ。 お花畑や湖 そして 丘などの上をぷかぷか浮いているベッド。

みんなこのベッドが大好きで あっちでも、こっちでもぷかぷかしているベッドの中に すっぽり 包まれて うとうと寝るんだよ。

そよ風がゆりかごみたいに心地よくゆらしてくれる。




僕がはじめてここに来た時は あまりにも楽しくて びっくりしちゃった。

何もかも忘れて  時間も忘れて 遊んだ。 楽しかったなぁ。


僕がいるところはこんなところなんだ。

みんなの家族の中にも ここに来てる子がいるだろうね。  きっと僕のお友達だよ。


時々、また、ここの事を 聞いてもらいたいな。

みんなにも ママに話してあげたように 教えてあげるよ。 「虹の橋」の事。










こたに会いに来てくれたありがとう\(^o^)/  ぽちっとしてくれたらうれしいな。   また来てね。にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
よかったらコメントも

スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント

そうなんだ・・・
すごくキレイで楽しい所なんだね。
安心しました。
うちの子も虹の橋のたもとにいるはずなの。
こたちゃん、お友達になってあげてね。
『虹の橋』のこと、また教えてね。

2011/11/12(土) 22:14 | URL | まいまい | 編集

こたろうくんが亡くなって、2年と半年が経ったのですね…。
知り合ったのが遅かったので、今さらですが…ご冥福をお祈りいたします。

この、虹の橋のお話し‥いま読んでて 涙がでそうに…でも電車内だからね。

虹の橋‥素敵な場所なんですね。
わたしも漠然としか知らなくて。
絵本にしてもいいくらいの素敵なお話。

わたしもいつか アンとパピとの別れがくることを漠然ながらに思ってます。
たぶん、かなりのペットロスに陥るとも思ってます。
そんな時に、こんな素敵な場所で楽しく過ごしてる…と思えば わたしもかなり救われます。
それで、ママさんにお願いなんですが、
虹の橋の内容(続篇もあると思いますが)を 記録として残させていただきたいのと他の方たちにも読んでいただきたいと思うのです。
わたしのブログにリンクさせていただく事は難しいでしょうか?
図々しいお願いをして申し訳ありません。
無理なら言ってくだされば大丈夫ですので。

2011/11/13(日) 09:35 | URL | あんぱぴママ | 編集

★こたパパ・・・久しぶりです。

 息子のクッキーだよ! 2009年4月12日~「虹の橋」で楽しく暮らしてるんだ!
 僕も、実家に生まれ育ったんだけど・・・伊丹の空港ドッグセンターで
 ツキノワ家の家族に迎えられ早や、9年と8ヶ月が経ったよ!

 僕が3歳の時に、妹(ピーチ)ができて仲良く暮らしてるよ♪
 実家のママさんが、その後、僕の行くへを捜されていて・・・
 当時 with ポメラニアンのサークルの方から、その話を聞いて・・・
 2005年4月29日に再会する事ができたんだよネ!
 ⇒当時 パパが6歳。僕が3歳。

 その後、ピーチも連れて帰省したのが2007年5月5日、覚えてる?
 ⇒当時 パパが8歳。僕が5歳。ピーチが2歳。

 それから会いに行きたかったんだけど、パパ遠くに行ったって聞いてたん
 だけど。。。「虹の橋」って言うところなんだ!
 僕は、まだまだ、この国で楽しく暮らすね!

 また、「虹の橋」での生活教えてネ!

 そうそう、ツキノワ家は、毎年恒例の伊豆旅行に行って、今年で
 7回目だったんだぁ! なんせ僕はドライブ好きなもんでどこでもOK!
 ピーチは、私は女優やから”睡眠命”ってよく寝てるんだ(笑)

 今日は、大阪城公園で大阪動物愛護フェスティバル2011に連れられて
 行って来たよ! 七五三とか言って、紋付袴着せられて撮影されて
 もう疲れたよ。

2011/11/13(日) 21:22 | URL | こたパパの息子(クッキー) | 編集

まいまいさんへ

きっときっと 離れてしまった子も 今は楽しく暮らしてます。
みんなみんなしあわせ・・・(^o^)/

2011/11/14(月) 12:43 | URL | こたママ | 編集

あんパピママさんへ

何匹も失ってそのたびに落ち込んでいた時、「虹の橋」に救われて、 それが頭の中で膨らんでずっと書き溜めていたものがあるんです。 今、苦しんでいる人や、これからやってくる別れを少しでも穏やかに迎えられるように。
このブログを始めてから特に こたろうがまた私の近くに戻って来てるので 今、私はまったくさみしくも 悲しくもなくて。  
この頃では こたちゃん 死んで かわいそうに・・・って思う方が違和感があって・・・(^^♪

良かったら私の頭の中の世界ですが みんなに読んでいただいて ちょっと楽になってくれる人がいるのであれば・・・と思います。
なので、リンクしてくださってOKですよ。

2011/11/14(月) 13:02 | URL | こたママ | 編集

クッキーちゃんへ

僕似の クッキーちゃんに 再会できて とてもうれしかったよ。

ツキノワパパやママと いっぱいいっぱい 楽しい事をして、見て、食べて、遊んで・・・ いつか こっちに来た時に 僕がいろいろ教えてあげる。 

伊豆旅行も楽しそうだったね。 僕も見ていたよ。  パパやママと 楽しい思い出を作って 僕に聞かせてよ。 僕と家族の思い出もいっぱい聞かせてあげる。 

2011/11/14(月) 13:12 | URL | こたママ | 編集

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

プロフィール

虹の橋のこたちゃん

Author:虹の橋のこたちゃん
ぼく こたちゃん
虹の橋から僕の家族を見てるよ

ポップアップ風メールフォーム type-S

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

カウンター

ブロとも一覧

フリーエリア

マウスについてくる犬の足跡

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

 画像 142-1 この部分は、下部フリーエリアです。細かい余白調整は、スタイルシートの編集内の/* 下部フリーエリアの設定 */の下のdiv#free_area_bottomのpaddingで調整してください。

 このスペースが不要な場合は、HTMLの編集内の<下部フリーエリアここから>から、<下部フリーエリアここまで>の部分を削除してください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。